message

物流のインター(中継基地)」の使命と
責任を胸に抱いて。

代表ご挨拶

私は1997年、トラック1台・ドライバー自分1人でインター物流を立ち上げました。裸一貫からのスタートだけに、携わった仕事をまっとうして、また次の仕事をいただけるよう誠心誠意を尽くしました。そして、ただ荷物を運ぶのではなく、「表に見えないところでもお客様に精一杯のサービスを提供する姿勢が重要だ」と確信。常に荷積みの整理整頓を心がける、待機時間には駐車場や倉庫内を清掃するといった取り組みに努め、地道に信頼を獲得して事業を拡大していきました。

こうしたなかで私が信念として掲げたのが

「1%のチャンスと99%の努力
   ベストを尽くせば必ず良い道が開ける」

という社是です。

以来、この社是を全社一丸となって推進してきた結果、今日ではトラック130台以上・ドライバーさん120名規模の企業へと発展を遂げることができました。インター物流の社名は「物流のインターチェンジ(中継基地)となり、手から手へ、安全・安心をお客様のもとにお届けする活動を通して広く社会のお役に立ちたい」との想いに由来します。私たちは今後ともに、この想いと社是を大切に胸に抱きつつ、物流会社の使命と責任を果たしていきたいと考えています。

1%のチャンスは誰にでもあります。そのサインをものにできるか、それとも見逃してしまうか。決め手になるのは絶えず99%の努力を惜しまず、真摯に仕事に励む姿勢ではないでしょうか。幸い、当社には10年15年、私と一緒に頑張って会社を大きくしてきた同志が集まっています。中途入社のドライバーさんも長く勤め続ける人が多く嬉しく思っています。

「継続は力」です。これからも、より多数のお客様のロジスティック・パートナーとして、でき得る限りご要望にお応えしていこう。きっとその先にインター物流のますます豊かな明日が開けると信じて社員一同、いっそうのベストを尽くしてまいります。

代表取締役 高橋 剛
代表ご挨拶代表ご挨拶